無自覚の人が多い、食いしばりや歯ぎしり

2018年11月20日

無自覚の人が多い、食いしばりや歯ぎしり

頭痛や肩こり、腰痛、めまい、そして顎の痛み、これらの原因の1つとして「食いしばり」を上げることができます。
無意識のうちに食いしばりや歯ぎしりをしており、多くの方が寝ている時、無意識のうちにしてしまいます。

歯ぎしりや食いしばりは、上下の歯を強く噛み合わせたり、横に動かしたり、食いしばったり、かちかちと噛み合わせることを指します。

人が起きている間に、上の歯と下の歯が接触しているのは1日合計で20分ほどであるとされています。

また、リラックスした状態の人間の歯は上下2~3ミリ程度の隙間が空いています。
また、上の歯と下の歯が接触した状態では、あごの筋肉が緊張状態にあるため、あごの筋肉が疲労してしまいます。

ではなぜ、人は無意識に食いしばりを起こしてしまうのでしょうか。その原因の多くはストレス社会にあるとされています。

職場や学校、家庭などいたるところで人間関係などのストレスにさらされていることが原因となっているようです。
また、スマホやパソコン、家事などに夢中になっているときに人は無意識に歯を食いしばってしまいます。

食いしばりを行うと、歯のシミや痛み、歯にひびが入ったり詰め物が破損してしまうなど様々な症状が出たり、虫歯や歯周病のリスクも高まるとされています。

他にも、顎関節症や口内炎、口角炎、慢性疲労や睡眠障害をはじめとする様々な症状があらわれてしまいます。

睡眠中にしてしまう食いしばりは、食事の時の3倍ほど強いおよそ100㎏前後の強い力がかかっています。
大きな力が筋肉を緊張させることで、血行不良や睡眠の質や免疫力の低下などを招き、あごの痛みや頭痛、腰痛などにつながるのです。

そのため、朝起きた時に感じる体のだるさや頭重、首や肩の凝りを感じる場合の原因として、歯ぎしりや歯の食いしばりが挙げられるのです。

先ほどから述べているように、多くの方は食いしばりについての自覚はありません。また、食いしばりによって顕現する症状にも個人差があります。食いしばりをしている方の中には、不自由なく日々の生活をしている方もいます。

咀嚼筋というものをご存知でしょうか

表表情筋は顔の表面の皮膚に近い部分にある筋肉で、表情を作り出すための筋肉です。一方で咀嚼筋は、顔の内側にある筋肉です。咀嚼筋とは、あごの外側に歯を食いしばった時に固くなるところを咬筋といいます。
咬筋を触ると痛みを感じる方は、筋肉がストレスを感じる状態であることを意味します。顔の筋肉が凝ったりゆがんだりすることで、血行不良や頭痛を飛こき起こすこともあるので注意しましょう。
また、顎関節症を患っている方はあごに痛みや疲労感、口を大きく開けないなどの症状に苦しめられています。顎関節症も顔の筋肉のこりなどが関係し引き起こされることがあるため、顎関節症の方も、顔の筋肉のこりなどを改善するために、咀嚼筋トリートメントというケアを行ってみましょう。

咀嚼筋トリートメントとは、筋肉の疲労やコリをほぐすことで、症状の緩和を行います。咀嚼筋は顔の深い場所にある筋肉であるため、お口の内側と外側の両側から働きかけていきます。
咀嚼筋は我々の日常生活の中でも特に重要な役割を担っています。歯を食いしばってしまう人は不可が非常にかかっているため、咀嚼筋トリートメントは高い効果を期待できます。

トリートメントやマッサージはエステのすることでは、とお思いの方もいるでしょう。しかし、咀嚼筋トリートメントは全く別物です。
例えば、エステティシャンが美容のスペシャリストであるように、歯科衛生士はお口の専門家です。口腔についての専門知識と、ヒビの臨床での経験を通じて積み上げたテクニックは歯科衛生士しか持ち得ることができない特色であるということができるでしょう。
歯科衛生士の持ちうる知識や技術をすべて活用し、患者の方にとってプラスとなる健康や美についてのアドバイスやサポートを医療人としての視点で行うのです。

定期的なお口のメンテナンスをしていますか

毎食後の歯磨きのブラッシングを歯ブラシのみで行った場合、お口の中の汚れのおよそ50%~60%しか落とすことしかできないといわれています。
たとえ丁寧には磨きを行っても、歯列不正や歯の形態、歯磨きの癖などで大小の磨き残しが出てしまいます。
磨き残してしまった歯垢は、唾液に含まれるミネラル分と結合し、歯石となります。この歯石は通常の歯磨きだけでは除去することができません。
そのため、定期的に歯科医院に行き、クリーニングなどのメンテナンスをすることで、お口全体の歯石や着色を除去する必要があるのです。定期的にメンテナンスをすることで、歯周病や虫歯を防ぐことができるのです。

また、メンテナンスの際には、汚れを落とすほかに、歯の表面をきれいに磨き上げ、コーティングをすることで汚れが付きにくい状況にお口の環境を整えます。
また、自分では落とすことができない歯垢や細菌の膜であるバイオフィルムなどを取り除くPMTCと呼ばれる治療を定期的に行うことではの保全を行うのです。

お口は人に与える第一印象の中でも重大な要素を占めます。そのため、お口の中でなくお口の外の唇にもケアをすることが大切です。
唇は乾燥やハリのなさ、血行不良などの体の不調を如実に反映します。しかし、唇は荒れやすいという面がある一方で、ケアを適切に行うことで改善が早く体感することができます。
お口の中と合わせて唇も是非ケアしてみてください。

80歳になっても自分の歯で食事をするという喜びを

現在の80歳の日本人で、平均して残存している自分の歯は何本ほどであると思いますか。平均12本という統計が出ています。そのため、16本ほど歯が抜けてしまっているという計算になります。
平均寿命は延びても、歯の寿命が追い付いていない、というのが日本の実情であるということができるでしょう。
歯が何本残っているかはQOL(生活の質)を大きく左右する要素の1つです。例えば、歯周病にかかってしまうと、単純に歯を何本残すことができるかどうか、という問題では終わらなくなってしまいます。お口にいる歯周病菌は、血管内に入ることで全身に回ってしまうのです。
そのため、歯周病は糖尿病や高血圧症、がん、心筋梗塞ななどの恐ろしい病気のリスクを高めることに関係があることも示唆されているのです。
お口の健康を保つために行う予防歯科は、単純に歯を守るためにあるのではありません。歯周病などに対策を施すことで、患者の方の全身の健康を守り、寿命を延ばすことにもつながるのです。
80歳や90歳になっても、自分自身の歯でおいしくご飯を食べ、天寿を全うするまで健やかに過ごすことができるようになるためにも、定期的なお口のメンテナンスが大切なのです。

カリオロジーについて

虫歯の予防歯科はカリオロジーという学問に基づいています。
カリオロジーを端的に表現すると、虫歯の実態適切に把握し、コントロールをするという学問です。
カリオロジーの考え方では、虫歯の予防を適切に行い、治療をする際も削る量を最小限にとどめ、再石灰化を促します。
歯を削る量を最小限に抑えることで、多くの方がイメージするような歯医者のドリルなどを使った治療をほとんど用いなくても済むようになります。

虫歯を原因から考えましょう

虫歯になってしまうには主に3つの原因があるとされています。

その3つの要素の重なりが虫歯を引き起こすのです。

カリオロジーでは、虫歯の原因の1つ1つに働きかけ、個々人がいまどのような状況にあるのか、どのような予防を行えばよいのか、解決へ向かっていきます。

自分の歯の強さや食習慣、お口の中にいる細菌を見直すこともカリオロジーなのです。
患者の1人1人に適した予防法を行うことが大切なのです

フッ素で虫歯を防ぐ

歯の治療でよく聞くフッ素という単語ですが、フッ素は歯の表面に塗ることで歯を強く固くし、虫歯になりにくくするという効果があります。

フッ素の塗布は年間3~4回を目安に定期的に行うことが有効です。

フッ素の塗布は、歯が生えて間もないお子様の虫歯の予防に非常に高い効果を発揮します。
フッ素と歯磨きを併用することで、より虫歯になりにくいお口の環境に整えることができるのです。

フッ素入りの歯磨き剤も使うと効果的

日ごろからの歯磨きに使う歯磨き剤もフッ素の入っている製品を選ぶことで、歯質を強くすることができます。

歯磨き剤選びで悩んだ際は、専門医に相談していただくことをおすすめします。

定期的なメンテナンスが虫歯や歯周病を予防しています

日々の歯磨きが虫歯を予防するための最善の手段です。しかし、すべての方が完璧な歯磨きをできているとは限りません。
磨き残しができてしまった場合、そこから虫歯になってしまうということもあるのです。自己流の歯磨きでは歯周病を予防することは不可能です。
そのため、定期的に歯科医院でブラッシング指導、プラークコントロールを受けることで歯周病予防を行うことが大切なのです。

3~4か月に1度の歯科医院の利用を目安にすることで、より長く健康に自分の歯を健康な状態で保つことができるのです。

歯のプロのクリーニングについて

かつての歯科は、すでに進んでしまったお口のトラブルについてどのように働きかけて治すのか、ということを主目的にして取り組んでいました。
昨今では、このかつての考え方が見直されています。予防歯科という概念から、どのようにして歯周病や虫歯を防ぐのかを考えるのが今の歯科なのです。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは

PMTCという単語があります。これは、歯科医や歯科衛生士が特別な器具を使用して行うお口の清掃プログラムを指します。
PMTCを行うことで、普段の歯磨きでは除去しにくい、最近の塊(バイオフィルム)を徹底的に落とすのです。

PMTCは歯肉や歯の清掃を専門とした器具を使って丁寧に行うため、高い予防効果と爽快感が特徴です。痛みがない点も魅力の1つです。

PMTCの具体的な流れとは

1.歯肉と歯の状態の検査確認

歯垢や史跡がどの程度ついているのかの確認や、歯茎の状態の確認を行います。また、患者の方のお口の状態にあった研磨粒子や道具を選びます。この際に状況に応じて染め出しも行います。

2.歯と歯の間のクリーニング

クイックジェットクリーナーなどの器具を使ってステインや歯垢、たばこのやにを除去します。そして、研磨剤と円錐形のゴムチップを用いて歯と歯の間のクリーニングを行います。
この作業は歯肉のマッサージ効果を期待することもできます。

3.歯の表面を美しく

歯の表面の凹凸をなくし、汚れを付きにくくするために、カップ状のゴムの器具で研磨をします。
研磨剤は粗い粒子のものから使っていき、細かくしていきます。

4.研磨剤の洗浄とフッ素の塗布

研磨剤を洗浄し落とした後に、虫歯や知覚過敏の予防のために、フッ素のジェルを塗布します。

PAGE TOP