インプラントを長持ちさせるための正しいケア方法

2017年12月1日

はじめに

インプラントは人工物なので虫歯になったりしませんが、歯ぐきは自分のものなのでケアを怠るとインプラント周囲炎になってしましまうことがあります。そうなると、インプラントを長持ちさせることができません。

では、せっかく高いお金をかけて治療したインプラントを長持ちさせるためにはどうすればいいのでしょうか?大切なことは治療後のアフターケアです。

ここではインプラントを長持ちさせるためにはどうすればいいのかご紹介していきますので、ぜひ読んでみて下さいね!

インプラントの寿命

インプラント治療はけがや歯周病、虫歯などによって歯を失ったところに人工歯根を埋め込んで天然の歯のように回復できる治療法です。

天然の歯の寿命もお手入れ次第で長持ちするように、インプラントにも明確な寿命はありません。

ただ、天然の歯と同様インプラントに歯石が付いてしまったり、インプラントの周囲の骨が溶けたりすると、インプラントがぐらつきだしてしまいインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。

つまり、インプラント自体は虫歯になることはないものの、歯周病のような症状になり抜け落ちてしまうことがある・・ということですね。

インプラント周囲炎

インプラントの寿命を短くすると言われているインプラント周囲炎とはいったいどういったものなのでしょうか?ここではインプラント周囲炎について詳しくご紹介してみます。

インプラントは人工物なので虫歯になることはありませんが、歯磨きがいい加減だとインプラント周囲炎という歯周病のような病気になり、最悪インプラントが抜け落ちることがあります。

そうならないためにも、定期的にクリニックへ通ったり、症状が軽いうちに治療を受けることが重要です。このインプラント周囲炎になる確率はインプラント治療を受けた方の1割程度だと言われています。

インプラント周囲炎の症状は歯周病と似ているのが特徴で、始めのうちはほとんど自覚症状がありません。まず、インプラント周りの歯ぐきが腫れ、血が出てきて膿が出てきます。また、インプラント周りの骨の吸収が進んでしまうと、インプラントがぐらつきだします。

場合によっては痛みを感じるようになりますが、残念なことにインプラント周囲炎をしっかり理解している人はほとんどいません。インプラント治療を受けたら一生使えると思っている人も多いですが、実際には長持ちさせるためには適切に診断した上でしっかりとアフターケアを行い、インプラント周囲炎を防ぐことが重要です。

インプラントの周りの細胞は天然のものより構造が単純なのでいったん細菌に感染すると症状が進むのが非常に速いという特徴があります。

インプラントを長持ちさせるには

お口の中をきれいに保つ

インプラントは壊れたり虫歯になったりしませんが、最も恐ろしいのがインプラント周囲炎で、これになると骨が痩せたり他の歯まで侵されるため噛み合わせが悪化してインプラントを長持ちさせられなくなります。

セルフケアで最も重要なのは天然の歯と同じで、デンタルフロスなどの補助用具などを使って隙間などにプラークを溜めないようにしましょう。

フッ素の入っていない歯磨き粉を使う

最近の研究では歯磨きに含まれているフッ素によってお口の中の状態によってはインプラントが腐食してしまう可能性があることが分かってきています。インプラントが腐食してしまうとプラークが付きやすくなってしまい、インプラント周りの歯ぐきに炎症が起きたりするそうです。

ですので、インプラント治療を受けた方はフッ素が入っていない歯磨き粉を使うようにしましょう。

クリニックでのクリーニング

天然の歯と同じでご自分で行うケアには限界があるので、インプラントを長持ちさせるためには定期的にクリニックでクリーニングを受けることが大切です。

衛生的なクリニックで治療を受ける

そもそも、インプラント治療を不衛生な環境で行うと細菌感染の可能性があるので、手術の際に使用する器具や機器類は衛生的に保たれているクリニックで行うことが大切です。

インプラントを長持ちさせるにはきちんと消毒、滅菌された器具や機器類を使って治療を行うクリニックを選びましょう。

ホームページなどでこういったことを前もってチェックしておき、信頼できるクリニックで治療を受けましょう。

食いしばり、歯ぎしり対策を行う

食いしばりや歯ぎしりをすると歯に余計な負担がかかるので、インプラントだけでなく天然の歯まで傷んでしまうことがあります。

天然の歯にはかかる力を調整する役割を持つ歯根膜と言われるものがありますが、インプラントにはそれがないので歯ぎしりや食いしばりによる負担が直接かかってしまうのです。

食いしばりや歯ぎしりのくせがある方はほとんどが無意識で、自覚がないことが多いです。周りの人に言われて初めて食いしばりや歯ぎしりの癖があることに気づいた方は、インプラント治療を受ける前に食いしばりや歯ぎしりの対策を行いましょう。

マウスピースなどを使えば改善することもあるので相談してみましょう。

全身疾患を治療しておく

全身疾患、特に糖尿病があると歯周病になる危険性が高くなることが分かっていますが、糖尿病だと慢性的に炎症が起きるためインプラント周囲炎になりやすくなります。そのため、糖尿病の方はインプラント治療を受ける前に糖尿病の治療を受け症状を軽減しておくことが重要です。

さらに、インプラント周囲炎を防ぐにはクリニックでメンテナンスを受けることはもちろんですが、定期的に内科で血糖値のコントロールを行うことが重要で、それによってインプラントを長持ちさせることができます。

信頼できるメーカーものを選ぶ

インプラントは保険が効かないため、比較的高額な治療ですが、高いからと言って寿命が永遠に保証されているというわけではありません。使用されるインプラントの品質が重要で、世界的に知られているメーカーだと安全で長持ちすると言われています。

まとめ

インプラントを長持ちさせるにはどうすればいいのかまとめてみました。せっかく高いお金を払って治療したインプラントですので、できるだけ長く使いたいものですよね。

ここでご紹介した方法を実践していただき、いつまでも快適にインプラントを使って下さいね!

PAGE TOP