知っておきたいインプラントの安全性について

2017年7月7日

はじめに

しっかりした噛み心地と自然な仕上がりが得られるインプラント治療ですが、安全性について不安を持っている方も多いはず・・。
最近広がりつつあるインプラント治療の寿命や安全性などについて、ここで詳しくご説明してみたいと思います。

インプラントとは

そもそもインプラントとは怪我や虫歯などで失ってしまった歯を回復できる治療法のことで、歯を支えている骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工歯を埋め込みます。
インプラントは天然の歯と同じようなつくりになっていると言われています。
天然の歯には長い歯根があって、歯ぐきの中の歯槽骨に埋まっています。
インプラントの場合には天然の歯根ではなく、チタンやチタン合金などでできた人工歯根を歯槽骨の中に埋めて治療します。
どちらも歯を支える歯根が機能しているので、入れ歯のように外れたりずれたりせず、会話や食事を楽しむことができます。
さて、インプラントと天然の歯の違いは材質と骨との結合の仕方でしょう。
天然歯の歯根と歯槽骨とは歯根膜という膜によって結合しているのですが、インプラントの人工歯根は骨と結合する組織がありません。
歯根膜がクッションのような役割をしており、噛み心地が違うとも言われています。
ですが、実際のところ骨や粘膜から噛む感覚が伝わるので、違和感を感じる方はほぼいないようですね。

このインプラントは骨と結合しやすいチタンでできているため、人体の中で異物として認識されないため骨がチタンの周りについてきます。
さらに、チタンの表面の細部にまで骨が入っていってインプラントが取り込まれていきます。

インプラントの寿命

次に、一般的にインプラントの寿命は長いため第二の永久歯とも言われており、適切なメンテナンスを行うことで10年以上も持つと言われています。
ですが、メンテナンスが不十分だとインプラント周囲炎が起きることもあり、定期的にクリニックでメンテナンスを受け歯科医師の指導の元セルフケアをきちんと行う、正しい食生活を行うなどすることで、長期間インプラントが使えるようになります。

インプラントのメリット

では、インプラントのメリットにはどういったものがあるのでしょうか?
見た目が自然、しっかり噛める・・などが主なもので、最大のメリットは天然の歯と同様の仕上がりが期待できることでしょう。
入れ歯を使っていて不自由を感じている方にとってはそれがどんなにメリットなのか分かるはずです。
高額な入れ歯を作ったとしても、口の中に違和感があるのを完全に取り除くことはできないものです。
会話の際に口元が気にならない、食事が楽しめる・・など、日ごろの生活でもさまざまなメリットがあります。

インプラントのデメリット

では、インプラントにデメリットはないのでしょうか?
インプラントにもデメリットはあるにはあります。
たとえば、リスクが全くないわけでない、外科的処置が必要、治療費が高い・・などですね。
なお、外科的処置を行う場合歯ぐきを切開して骨に穴を開け、インプラント体を埋め込んでいきます。
この外科的処置は日帰りででき、埋める本数や部位にもよるのですが時間も30分~数時間程度しかかかりません。
ただ、さほど大がかりな処置ではないですが、外科的処置なので完全にリスクがゼロというわけでもありません。
オペの際に神経を傷つけてしまったり、開けてはいけないところに穴を開けられてしまったり・・など、万が一の事態が起こりうる可能性があります。
さらに、骨の量や密度が足りない場合など、なんらかの理由で外科的処置を行ってもインプラント体が定着しないこともあります。
骨の量や密度、神経の位置などは外科的処置の前に検査をして詳しく調べることでリスクを軽減できるため、処置前の検査は大切です。
インプラントの外科的処置を行う際にあごの骨とインプラントがしっかり結合する確率は100パーセントではなく、95パーセント程度だと言われています。
残念なことに、インプラントを埋めた後ぐらついてしまったり、抜け落ちてしまうことがあります。
つまり、外科的処置の前に検査をしっかりと行ってくれ、技術力の高い歯科医師を選び、成功する確率が100パーセントではないことを理解した上で慎重に治療に取り組むようにしましょう。

インプラントの安全性

さて、インプラントの治療とはあごの骨を削って人工歯根を埋め込むものです。
一般的に使用される人工歯根は整形外科で骨折の治療などで使われているチタンまたはチタン合金などでできているので、金属アレルギーの心配もなく人体に非常になじみやすいです。
さらに、インプラント治療を行う際に局所麻酔が行われるので痛みを感じることはほとんどありませんし、笑気麻酔などを併用すればうとうとしている間に治療が終ってしまいます。
インプラント治療を安全に行うためには清潔不清潔領域を管理し、滅菌環境を整備することも非常に重要です。
ですが、やはり手術なので100パーセント完全に安全だとは言いきれません。
歯科用CTなどを含め事前の検査がしっかりと行われていない、患者さんの全身の健康状態がしっかり把握されていない・・など、適切に施術が行われない場合には再度処置が必要になってしまうため、前もって歯科医師としっかり相談しておくことが重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
インプラント治療の成功率は現在のところ95パーセント程度だと言われています。
さらに、上あごより下あごの方が治療が容易なことが多いので、成功率に関しても下あごの方が高いようですね。
外科的処置の中でインプラントは成功率の高いもので安全性は非常に高い治療と言われていますが、トラブルが起きる確率は0ではありません。
これは何もインプラント治療だけに限ったことではなく、100パーセント安全なものなど世の中には存在しません。
たとえば、最新家電でも100パーセント初期不良や故障が起きないとは限りません。
つまり、インプラントも安全性が高い治療ですが多少のリスクが伴います。
どういうリスクがあるのかしっかりと理解した上で、メリットと比較し治療に臨むことが重要です。
ぜひ、インプラント治療を受ける際のご参考になさってみてくださいね!

PAGE TOP