インプラント治療は保険適用できるのか?

2017年7月7日

はじめに

インプラント治療を受けたいけれど、イマイチどういったものなのか分からない・・という方は多いでしょう。
入れ歯やブリッジをしたくない・・などの理由から最近人気が高まっているインプラント治療ですが、気になるのが費用面です。
インプラント治療は高いと思われていますが、実際にいったいどの程度の費用がかかり保険は適用になるのでしょうか?
ここではインプラントが保険適用となるのか、その条件や費用についてご紹介してみたいと思います。
インプラント治療を治療の選択肢の一つとして考えておられる方はぜひご参考になさってみてください。

インプラントは保険適用ではない

そもそもインプラント治療は保険が適用になりません。
インプラント治療は自由診療なので治療費は全額自己負担となります。
自由診療なので料金設定はそれぞれのクリニックによって違っています。
また、一般的に首都圏では高く地域によって差があります。

インプラント費用の内訳

では、インプラント費用の内訳とはどうなっているのでしょうか?
インプラント費用と一口に言ってもさまざまな工程があり、それぞれに価格設定がされているため、その内訳を知っておく必要がありそうです。

  • 精密検査&診断料 15,000~50,000円程度
  • 手術代 100,000~385,000円程度
  • 人工歯代 100,000~150,000円程度
  • メンテナンス料 5,000~10,000円程度

こういった費用を全て合計しますと、費用の相場は1本当たり30~50万円程度になりそうです。
つまり、治療する本数が多くなるほど費用がかかりますが、一括で請求してくるクリニックは良心的とは言えなさそうです。
前もって治療するクリニックで料金を聞いておき、上で書いた料金の目安と比べてみれば適正なのかどうか判断できて安心ですね。

保険が適用となる条件

あまり知られていないかもしれませんが、平成24年からインプラント治療が保険適用となり、一部の治療については保険が適用されます。
ただ、最寄りのクリニックで気軽にインプラント治療が受けられるようになったということでなく、一定の条件を満たしたクリニックのみでインプラント治療を保険適用で受けられるようになったのです。
その条件とは次の通りです。

1.歯科または歯科口腔外科である保険医療機関

2.該当する診療科で5年以上の経験および当該療養の3年以上の経験がある歯科医師が2名以上常勤している

3.当直体制が完備されている病院であること

4.医薬品や医療機器保守管理を安全に確保できる体制が完備されている

・・などがあります。

さらに、あまり知られていませんが、病院とは別途数が20以上の入院施設があるものですので、それ以外の医療機関は診療所となり病院ということになりません。
つまり、ほとんどの歯科医院は診療所ということになります。
なので、大学病院以外で病院はほとんどなく、保険適用でインプラント治療を受けられる医療機関はほとんどないと言ってもいいでしょう。
それに、どういった症例の方でもインプラント治療を保険適用で受けられるわけではありません。
腫瘍や顎骨骨髄炎やけがなどにより広範囲にあごの骨をなくしたり、歯槽骨をなくした場合のみが適応となります。
つまり、一般的に歯を折ったり歯周病や虫歯などで抜歯になったケースでは適用外となります。

インプラント治療費を抑えるには

医療費控除を利用する

インプラント治療は医療費控除の対象となるため利用することをおススメします。
この医療費控除とは生計を共にする親族の年間の医療費を合計が10万円を超過した場合に、申告すれば一定額の還付金が受けられるシステムで住民税を減額できるものです。
ただ、この医療費控除は納税額から還付されることになっているため、所得税などを納付している必要があります。
計算方法としては医療費控除の対象となる学は実際に医療機関に支払った医療費の総額から保険などで補える金額を差し引き、さらに10万円を引いた額になります。
ご自分がもしこの制度の対象となる場合には税務署に申告すればインプラント治療費を安くすることができるので、ぜひ利用しましょう。

インプラント保証制度を利用する

インプラント保証制度とは第三者機関により認定されたクリニックのみで受けられる制度のことです。
治療後に何らかのインプラントの不具合があった場合、治療が終ってから10年間は決められた金額内で再度治療が受けられる制度のことです。
なお、この保証制度の限度額はインプラント本体については20万円で人工歯については10万円となっています。
限度額を超えてしまった場合は自己負担になることがあるため注意しましょう。
この保証制度があるクリニックは全国各地にあり、保証登録申請書にサインすることで保証書を発行してくれるようですね。
この制度を利用すれば患者にとって予想できなかったトラブルや破損などについて保証してくれるので安心です。

安心して治療を受けるには

最終的にインプラント治療の費用が相場内のクリニックで信頼できるところであれば、安心してトラブルなく治療が受けられることが多いです
また技術力の高いクリニックなら手術後の経過も安定しているため最終的に追加料金なども発生しないので、安上がりにインプラント治療が受けられることになりますね。
インプラント治療は高くつくのでできる限り安いクリニックで・・と思いがちですが、歯は生涯付き合う大事なものです。
安かろう悪かろうのクリニックで治療しては意味がありません。
もし、技術力が低くアフターフォローもないようなクリニックを選べば後々トラブルの原因になり、追加費用がかかることが多いです。
つまり、安いというだけで飛びつくのはやめましょう

まとめ

インプラント治療は保険適用となるのか、その条件や費用を安くする方法などをご紹介してみました。
インプラント治療は基本的に保険が適用にならない自由診療です。
費用がかかるからと言って治療に前向きになれない方も多いようですが、入れ歯やブリッジなどと比べてもメンテナンスが楽なことがメリットです。
外科手術を受けてたとしても、治療を行うメリットは大きいと言えるでしょう。
信頼できるクリニックが見つかればぜひインプラント治療についてご相談してみて下さいね!

PAGE TOP