インプラントと差し歯の違い。前歯にはどちらがおすすめ?

2017年5月9日

歯がなくなってしまった時の治療法として差し歯やブリッジなどの方法が一般的ですが、前歯は使用頻度が高く審美性が求められるので、より美しく仕上がる方法で治療したいですよね。

ここでは、インプラントと差し歯の違いについて触れながらインプラントが前歯の治療に最適な理由について具体的にお伝えしたいと思います。

差し歯とインプラントの違いをしっかりと理解した上で、前歯の治療を開始しましょう。ぜひ、今後の治療のご参考になさってみてくださいね。

インプラントとは

そもそもインプラント治療とは、歯がなくなってしまったところにインプラント体を歯根の代わりに埋め込む治療のことです。あごの骨に埋入してそれを歯の根っこにし、人工の歯を装着します。

このインプラント体を骨に埋め込む時や、人工の歯を装着する時には材料費や治療費ともに保険外診療となるため、経済的負担はやや大きくなるでしょう。

ただ、残った歯に負担がかからず治療でき、審美性が高く、天然の歯に近い見た目や機能性があるためおすすめです。

インプラント治療の他にも歯をなくした時の治療法としてブリッジ治療や入れ歯、差し歯などが挙げられます。

こういった治療法だとほとんどが保険診療となるため経済的負担は少なくて済みますが、残った歯に負担がかかり見た目も自然の歯とは違っており、機能性も低いなどのデメリットがあります。ですが、インプラントと他の治療法を組み合わせて治療することも可能なので、歯をなくしてしまった時にはかかりつけの歯科医師に一度相談してみるといいでしょう。

インプラントと差し歯の違いとは?

では、前歯の一般的治療法である差し歯とインプラントの違いとはどういったものなのでしょう。

差し歯は歯の上の部分がなくなってしまっても残った歯の根っこの部分にプラスチック金属で作った土台を入れ被せものをする治療で、自分の歯根を残せるのがメリットです。

ただ、保険が適用される金属製の土台は入れた歯を折ってしまうことがあると言われています。

優しい土台もありますが、保険適用外となるため費用は高くつくようですね。

また、差し歯にできるのは”歯の根っこの部分に土台を入れることができ歯をして使える状態”であることが条件のため、抜歯する必要があったり、歯がない状態の場合は差し歯にはできないことがあります。

前歯にインプラントが最適な理由とは

審美性が高い

前歯をインプラントにすると天然の歯と同様の審美性を取り戻せます。

残っている歯を削らなくて済む

前歯をブリッジなどで治療する場合、残っている歯の前後の歯を削る必要があります。

その歯が被せものをしていればいいですが、全く削られていない健康な歯だと削るのはもったいないですよね?

ですが、インプラントなら前後の歯を削らなくて済むのでキレイな歯を残せるメリットがあります。

修理の際1か所だけで済む

前歯を破損してブリッジが欠けたりするとやり直す必要が出てきますが、その際には全てをやり直す必要があるそうです。

つまり、被せもの3本を全てやり直すにはかなり大がかりになりますが、インプラントは1本ずつでいいため欠けた被せものだけをやり直せば済むメリットがあります。

残った歯に負担がかからない

前歯にブリッジ治療を行った場合には3本の歯を2本で支える必要があるため、残っている歯にかなり負担がかかると言われています。

場合によっては負担がかかりすぎるため土台が折れることがあるようです。

ですが、インプラント治療なら1本の歯を1本で作るので、負担がかからず健康な歯を長期的に使えるメリットがあります。

骨の厚みを維持できる

歯ぐきの骨は歯をなくしてしまうと厚みを失ってしまい、くぼんでくると言われています。

ですが、インプラントを埋入することで歯ぐきの厚みを維持でき、歯ぐきの高さを安定させられるためメリットだと言えるでしょう。

掃除が楽

前歯をブリッジにすると歯の下の部分には食べもののかすがたまりやすいため掃除がしにくいですが、インプラントだと歯ブラシとデンタルフロスだけでも楽に掃除ができます。

自分の歯のように噛むことができる

インプラントだと自分の歯のように硬いものでも噛むことが可能です。

しっかり噛めることは健康にもつながりますし、咀嚼が脳を活性化することは知られています。

さらに、認知症を予防することにもつながると言えます。

歯槽骨の吸収が抑えられる

インプラント治療は他の治療とは違って歯根も取り戻せるメリットがあるため、咀嚼による圧力がきちんと歯槽骨に伝わるので歯槽骨の吸収が抑えられます。

前歯をインプラントにする際のポイント

費用面

前歯をインプラント治療する際、あごの骨や歯茎を増強する手術が必要になると費用面で負担がかかることがあります。

歯ぐきやあごの骨を増強する必要があると言われても費用を抑えたいとか、最小限だけで外科手術を受けたい・・などといった場合にはきちんと機能面や審美性においての問題点についてクリニックで相談しておきましょう。

クリニック選び

前歯をインプラントにする場合クリニック選びにもポイントがあります。

実際に治療した写真とそこから数年後の写真があれば見せてもらうといいでしょう。

治療後数年経った写真を見れば将来の自分の状態の目安にもなりますし、その患者さんが通院し続けていることにもなるため、安心できる材料になるからです。

前歯をインプラントにする際のデメリット

では、前歯をインプラントにする際、デメリットはないのでしょうか?

前歯をインプラントにする際にデメリットもあるにはあります。

それは外科的処置が必要になることです。

ただ、一般的な抜歯程度の侵襲がありますが、抜歯ほど腫れや痛みは出ないようです。

まとめ

インプラント治療を受けたくてもどの程度費用がかかるのか不安・・という人も多いでしょう。

治療を検討する場合にはクリニックでしっかりとカウンセリングを受けていただき、しっかり説明を受けるようにしましょう。

納得した上で前歯のインプラント治療を受けることをおススメします!

みなさんの前歯がキレイになってしっかりと噛めるようになることを願っています!

PAGE TOP