インプラントのメリットとデメリット。受ける前に読んでおくべきまとめ

2017年3月13日

インプラントとは、歯茎に人工の歯根を埋め込み、その上にさらに人工歯を生成する施術です。歯科医院に足を運んだ時だけでなく、テレビや雑誌でもよくインプラントという名前を耳にすることがあります。インプラントとは人工歯をその人に合わせて生成する技術ですから、入れ歯の代わりになるばかりか、その人が失った歯を現代技術で蘇らせることすらできる技術であると言えます。

 

そんな有名なインプラントですが、具体的にどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

入れ歯の代わりになると聞いて気になっている。失った歯をインプラントで生成することを検討している。そんなインプラントに興味のある方々が、インプラントを決意する前に知っておくべきメリットとデメリットについてお話しします。

 

インプラントには多くのメリットがあり、実際にインプラントで生活の利便性が向上している方がいます。しかし、同時にデメリットもあるため、メリットだけを考えて決めないことが大切なのです。

インプラントのメリットは大きく5つ

インプラントのメリットは大きくわけて5つです。

 

・自分の本物の歯のように使える

・周囲の歯にダメージが少ない

・ケアが楽

・再治療の可能性が低い

・従来の治療が受けられなかった人も受けられる

 

具体的にどんなメリットか順番に見ていきましょう。

インプラント治療後はまさに「永久歯」として使用できる

インプラントは入れ歯や義歯と異なり、「本物の歯」として人工歯を根っこから生成します。だからこそ施術後は、生成した人工歯をまるで本物の歯のように使うことができます

 

入れ歯では固い物を噛むと痛みを覚えたり、話している時に抜け落ちてしまったりといったデメリットがありました。しかしインプラントであれば歯の根も作りますので、人工であるとはいえ本物の歯とまったく同じように使えます。固い物を噛んだ時の痛みや抜け落ちるといったデメリットがなく、食事の時間が楽しくなることでしょう。

 

人工的な歯というと見た目を気にする方もいらっしゃいますが、インプラントで生成する人工歯は周囲の歯と同じ質感や色に仕上げることができるため、ぱっと見てすぐにインプラントだとわからないくらいです。

 

また、インプラントでは、ブリッジのように周囲の歯までがりがり削るということがありません。

 

ブリッジ治療の際はどうしても周囲の歯を削る関係で、歯を一本治療するのにかえって周囲の歯が傷ついてしまい、後にその削り痕のせいで歯がわれてしまったり、虫歯になってしまったりといったことがありました。しかしインプラントは周囲の歯に負担をかけない治療方法ですから、インプラントで人工歯を一本生成したからといって周囲の歯を犠牲にすることはありません。

 

各治療には今まで「こういった状態ではこの治療は受けられない」という条件があり、自分が希望する治療を受けられないというデメリットもありました。しかしインプラントであれば、事故で歯を失った場合や永久歯が最初からなかった場合、入れ歯代わりなど、幅広い用途で治療を受けることができます。どんな人でも受けやすい治療がインプラントなのです。

インプラント後はブラッシングも普通に!ケアも負担なく

また、術後の労力的な負担が低いこともインプラントのメリットです。

 

入れ歯の場合は、使った後に外して洗浄する必要があります。ブリッジだと周囲の歯が虫歯になってしまったり、割れてしまったり、さらなる治療が必要になることも珍しくありません。差し歯だとぬけてしまったり、差し歯自体が割れてしまったりすることにより、頻繁に歯科医院に通わなければならなくなることも珍しくありません。

 

しかしインプラントであれば、その点は安心です。

 

確かにインプラントの術後に一定期間のケアが必要になりますが、こういった従来の治療より歯に負担をかけず、耐久力もありますので、「すぐに駄目になった!」「またすぐに歯医者に行かないと!」ということが起き難いのです。これはインプラントの大きなメリットと言えるでしょう。

 

また、自分でケアすることも簡単です。

 

薬液で洗浄といった手間がありません。自分の歯と同じように使える人工歯ですから、他の歯と一緒にブラッシングやデンタルリンスでケアが可能です。手間が少ない特別なケアをしなくていいので楽という面も、インプラントの大きなメリットと言えるでしょう。

ではインプラントのデメリットとは?大きく3つ

では、今度はメリットの多いインプラントのデメリットについて考えてみましょう。多くの治療にはメリットと同時にデメリットがあります。当然、インプラントにもデメリットがあります。

 

・金属アレルギーなどの場合は使えない

・治療期間が長い

費用が高額になりがち

 

この3つがインプラントの大きなデメリットです。

金属アレルギーには要注意!処置にも金属が使われている

インプラントは従来の治療方法が使えなかった人にも使えるというメリットのある治療方法です。しかし、インプラントで使う人工歯根や人工歯には少量ですが金属が使われている場合が多いため、金属アレルギーのある人は使えない可能性があります。

 

金属アレルギーがあると多くの治療が使えない可能性がある他、治療器具にも細心の注意を払う必要があります。

 

金属アレルギーの可能性がある人、また、医師に金属アレルギーである旨の診断を受けている人はいきなりインプラント治療を希望するのではなく、まずは歯科医院で入念に相談をすることから始めるのが望ましいと言えます。

治療期間が長い?保険が使えないというデメリットも

また、インプラントは「時間」と「費用」が必要になる治療法です。歯のちょっと健康診断であれば一日で終わってしまうこともあるのですが、インプラントのような大掛かりな施術になると、今日初めて来院して今日のうちに全て終わるということがありません。

 

インプラントではその人の口の状況に合わせて、嚙み合わせなどもチェックした上で慎重に施術を進めていきます。ですから、インプラントの計画建てから術後のメンテナンスを含めて年単位の期間を見ていただくことが必要になります。インプラントの前に虫歯などの治療を行う場合はもっと期間が必要になります。

 

費用が高額になりがちなのもインプラントの欠点です。一本につき30万円~くらいの費用は見なければいけないため、複数本のインプラントを希望すると、かなりの高額になります。現状、インプラントは保険外診療になるため、保険を適用してお安く施術というわけにはいきません。

 

ただしインプラントは医療費控除の対象にはなりますので、インプラントを検討している方は医療費控除を中心に費用を考えてみるのがいいですね。

最後に

インプラントの一番のメリットは、やはり「本物の自分の歯として使える」ことではないでしょうか。入れ歯などだと、どうしても食事の時間を完全に楽しむということができません。しかしインプラントなら人工ではありますが自分の永久歯と同じように使えますので、きっと食事の時間が待ち遠しくなることでしょう。食べることが楽しいと家族との会話も弾みますので、生活がよりよいものに変化するはずです。

 

しかしインプラントにはデメリットもあります。特に辛いのは費用が高額になりがちなところです。これに関しては医療費控除などの利用を検討し、施術も計画を立てて行うようにしましょう。気になることがありましたら何でもお気軽にご相談くださいね。

PAGE TOP