インプラントにかかる費用の相場はいくら?

2017年2月22日

なぜこんなに高いの

インプラントを行う前には、検査や診断が必要になります。確実な処置を行うためにも、骨の状態などを詳しく調べる必要があるのです。

また、インプラント体といわれる人工歯根、歯冠の代わりになる人工歯、人工歯根と人工歯をつなぐアバットメント、さらにネジやセメントといった材料も必要です。

インプラントを行う手術室や機器といった設備、機器の消毒につかう薬品は感染予防のため使い捨てにする消耗品も必要となっており、手術を行うためには麻酔代もかかりますし、その他のお薬も必要となります。

そして何より、インプラント治療を行う歯科医師に対する技術料や長期にわたるメンテナンスの料金も忘れてはなりません。

20万円以下でもインプラントが受けられる!?

日本インプラントセンターが行った調査によると、13~20万円未満の歯科医院が4%、20~25万円未満の歯科医院が8%と、相場よりも安い価格でインプラント治療を行っている歯科医院もあります。

相場よりも安くインプラント治療が受けられるのであればそちらに飛びつきたくなるかもしれませんが、そんなにうまい話があるのでしょうか?

良心で安価にしてくれているのならば問題ないのですが、そうでない場合もあります。

例えば、歯科医師の経験が浅かったり、インプラントに使う材料の質が劣っていたり、その後のメンテナンスが行われていないなど、何かしら「安い理由」があるはずです。

薄利多売方式で抜かなくても問題ない歯を抜くようにすすめてインプラント治療を選択させたり、場当たり的なインプラント治療を行ってあとは放ったらかしにしたりと、中にはそういった歯科医院があるかもしれません。

歯科医師の実績を確認したり、どのようなメーカーの材料が使われているかを調べるなど慎重に検討しましょう。

50万円程度のインプラントはぼったくり?安心?

相場よりも安い価格でインプラント治療を行う歯科医院が存在する一方で、相場よりも高い価格でインプラント治療を行う歯科医院も存在します。

日本インプラントセンターの調査によると45~50万円未満が2%、50万円以上が2%と、45万円以上でインプラントを行う歯科医院もあるのです。では、高額なインプラント治療を行う歯科医院はぼったくりなのでしょうか?決してそうとも言い切れません。

医師の技術が高い、検査や治療に最新の技術を取り入れている、使う材料にこだわっているなど、高い品質に対しての対価である場合もあるのです。

しかし、インプラント治療の価格が高く設定されているからといって、必ずしも高い技術と品質が約束されているわけではありません。

歯科医院の立地や建物、宣伝広告などに経費がかかっている場合などは、その費用がインプラント治療の代金に反映されていることもないとはいえません。

高額な治療だから安心安全という安易な考えは危険です。

インプラント治療を行う歯科医院を選ぶポイント

一体どこでインプラント治療を受ければいいのかわからないという方は、「コストパフォーマンス」に着目して歯科医院を選んでみてはいかがでしょうか。

ここでいうコストパフォーマンスは、実績ある歯科医師が安全性や確実性に配慮しつつベストなインプラント治療を行い、価格も相場程度であるということです。これを基準にするとインプラント治療を受ける歯科医院が選びやすくなるはずです。

実績に関しては、歯科医院のホームページなどで確認しましょう。安全性や確実性については難しいところですが、CTなどによって事前の検査やカウンセリングをしてくれるか、消毒を徹底しているか、使う材料は一流メーカーのものかなどがひとつの基準となります。

また、インプラント後の歯のメンテナンスに力を入れており、保証を設けている歯科医院であれば歯科医師の技術も信頼できる誠実な歯科医院といえるでしょう。

こうした歯科医院の中から相場の価格に近い歯科医院を探してみましょう。きっと満足の行くインプラント治療が行えるはずです。

まとめ

インプラント治療にかかる金額は様々で、大幅に安くまたは高く価格を設定している歯科医院も存在します。

一生付き合っていくことになる自分の口の中のことを任せるのですから、安かろう悪かろうでもいけませんし、高いからといって絶対に満足のいく治療が受けられるとも限りません。

納得のいくインプラント治療を行うためには、相場の価格帯のなかならより良い歯科医院を見つけることが重要となります。

医師の技術や実績、検査の正確性や安全性、衛生面への配慮、メンテナンスや保証の有無といった細かなところを比較していくことで、コストパフォーマンのよい満足のいくインプラント治療を受けることができるはずです。

PAGE TOP