ホワイトニングの種類と効果を持続させる方法

2017年9月5日

はじめに

接客業など、人と接するお仕事の方は笑顔が大切ですよね?

きれいで白い歯の方が魅力的に見えるため、より印象をよくするためにもクリニックでのホワイトニングはおすすめです。
クリニックで行うホワイトニングにはオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングがあります。

ここではホワイトニングの種類や効果を持続させる方法、クリニック選びなどのポイントなどについてご紹介しましょう。

これからホワイトニングをしてみたいなと思われている方にとってご参考になれば幸いです。

ホワイトニングの種類

・オフィスホワイトニング

まず、オフィスホワイトニングとはオフィスつまりクリニックで行われるホワイトニングのことを言い、最近ではさまざまな審美歯科で行われています。

最初に診察し、ホワイトイングの施術ができるかどうかを歯科医師が判断します。
その中で歯周病や虫歯が見つかればその治療を最優先に行い、お口の中に問題がなくなれば歯のクリーニングを行ってホワイトニングの施術を行います。

このオフィスホワイトニングで使う薬剤は過酸化水素というもので、歯の表面にこれを塗布します。
いわばこれは漂白剤で、この薬剤を使って歯を白くする治療法です。

ホワイトニングの薬剤を活性化させるのが歯科で使われているレーザーで、クリニックではさまざまなものが用意されています。

レーザーの種類によって費用や照射の当てやすさ、安全性が違っており、効果もそれぞれ違います。
さらに、ホワイトニングの薬剤を活性化させる効果があるのはレーザー以外にライトもあります。

主なものとしてハロゲンライトがあり、こういった施術を全てクリニックで行うのがオフィスホワイトニングの特徴です。

・ホームホワイトニング

一方、ホームホワイトニングとはホワイトニングの施術を自宅でご自分で行うものです。

ただ、最初から全ての施術を自分自身で行うのではなく、クリニックで診察を受ける必要があります。
その理由はホームホワイトニングはたとえ自宅で行うものであっても、多少強い薬剤を使うからです。

つまり、最初はクリニックでお口の中を診てもらい、ホワイトニング用の薬剤を使ってもいいかどうかをチェックしてもらいます。

ここまではオフィスホワイトニングと同じ流れです。
ホームホワイトニングの場合、ここからが違っています。

患者さん一人一人に合ったマウスピースを作り、過酸化水素でなく過酸化尿素が配合された薬剤が処方され、それらを使って自分でホワイトニングの施術を行っていきます。

ホワイトニングの後戻りとは

ホワイトニングを行ってペクリル層が再生した後も、日ごろの生活の中で歯の着色は進んでいくものです。
それを防止するには食後の歯磨きは当然ですが、着色を防止する歯磨き粉を使うことも効果があります。

ただし、日本ではホワイトニング剤と同じ成分が配合された歯磨き粉を販売することは認可されていません。

ですが、それ以外に色素を分解できる効果がある成分の入った歯磨き粉は販売が許されています。

ホワイトニングの効果を持続させる方法

ホワイトニングの効果は永久的なものではなく、いくらきちんとケアを行っていても少しずつ元の状態に戻っていきます。

一般的に、オフィスホワイトニングは3~10か月、ホームホワイトニングの場合は半年~1年程度経つとホワイトニングの効果がなくなってきたと感じるようですね。
なので、白さを持続させるには定期的にメンテナンスを行ったり、再度ホワイトニングする必要があります。

こういった追加でホワイトニングすることをタッチアップと呼んでいます。

ホームホワイトニングの場合はマウスピースをすでに作ってあるので、追加で薬剤を購入しご自分の生活スタイルに合わせて行うことが可能です。
ですが、オフィスホワイトニングの場合は4~6か月程度に2回タッチアップを行う必要があります。

この再ホワイトニングの場合、最初の時より効果を感じやすいため施術回数が少なくて済みます。
また、料金設定も安くしているところが多いようです。

このように、日ごろの生活の中でしっかりと歯のケアをすると同時に定期的なホワイトニングを行えば、ずっと美しく白い歯を維持できるというわけですね。
さらに、ご自分では落としきることができない歯の汚れをクリニックで定期的にクリーニングしてもらうのもおすすめです。

プロによる歯のクリーニングのことをPMTCと言いますが、これを行っているクリニックが最近増えています。

ホワイトニングを受ける際のクリニックの選び方

・対応が丁寧かどうか

クリニックで働くスタッフの方の対応は患者さんの満足度に深く関係しています。

患者さんの立場に立って誠実、親切に対応してくれるクリニックなら信頼できそうです。
ですが、忙しいあまり患者さんへの対応がおざなりになっているクリニックだと通うのがいやになってしまうもの。

どうせ通うなら笑顔でスムーズに対応してくれるクリニックを選びたいですね。

・アフターケアが適切かどうか

ホワイトニングにおいてアフターケアも治療の一つということが言えます。
施術した後も、継続してホワイトニングを行っていくためのメンテナンスについての説明が分かりやすいかどうかは大切です。

アフターケアがしっかりしているクリニックであれば、治療が終った後も相談しやすいですよね。

・口コミや評価が高いか、実績や経験が豊富かどうか

クリニックのホームページなどで、評価をしっかりとチェックしましょう。
また、歯科医師の実績や経歴なども見ておくといいでしょう。

お会計の際に前もって調べていた料金より高くて驚いた、マウスピースを作成する時間があまりにかかりすぎたなど、トラブルにならないようしっかりとチェックしておきましょう。

まとめ

歯を白く美しくできるホワイトニングはクリニックでしか行えない施術で、保険外なのでクリニックそれぞれが料金を自由に設定しています。

つまり、クリニックごとに料金が違うため前もってホームページなどで確認しておき、ご自分に最も合ったクリニック選びを行いましょう。

みなさんが理想の白い歯を手に入れられることを願っています!

PAGE TOP