ジルコニアセラミックがおすすめされる理由

2017年10月12日

はじめに

みなさんは歯科治療を行う際、ジルコニアセラミックという言葉を聞いたことはありませんか?
この素材にはさまざまなメリットがあり、最新の歯科治療素材として使われるようになってきました。
ですが、ジルコニアセラミックとはいったいどういったものか、おすすめされる理由はなんなのか・・などについてはまだあまり知られていません。
ここではジルコニアセラミックについて、おすすめされる理由はなんなのか・・などをご紹介しますので、ぜひ今後歯科治療を受ける際のご参考になさってみて下さいね!

ジルコニアセラミックとは

そもそもジルコニアセラミックとはダイヤモンドの代わりになるほど透明感があり硬い素材です。
歯科治療で使われるジルコニアは成分は同じようなものですが、柔軟性があり、硬くて白く改良されたものです。
従来のセラミックだと強度的に問題があったため金属が使用されていましたが、ジルコニアセラミックだと金属を使わず奥歯のブリッジやクラウンの治療ができます。
つまり、ジルコニアセラミックによりどんな歯科治療でも金属を使わずに行うことができるようになったのです。

ジルコニアセラミックをおススメする理由とは

ジルコニアセラミックは身近なところで言うとセラミック製の白い包丁などに使われている素材です。
よく耳にする模造ダイヤモンドというのはこのジルコニアセラミックのことを指します。
今までの治療では金属を使っていたため、その成分がお口の中に溶け出すことによって歯ぐきが黒ずんだり、金属アレルギーの原因になったりしていましたが、ジルコニアセラミックではそういった心配がありません
また、一般的なセラミックだと強度的に弱いので噛み合わせに問題が出ることがありました。
このジルコニアセラミックはセラミックの中でも特に頑丈な素材で、透明感や白さにも優れているというメリットもあります。
具体的なメリットとしては次のようなものがあります。

ジルコニアセラミックのメリット

・白く透明度も高く目立ちにくい

今まで、金属を被せものに使用すると周囲の色との違いがはっきりしていました。
奥歯で使っても口を大きく開けたり、笑ったりした時に目立つのでは・・と気になる人も多かったはずです。
ですが、ジルコニアセラミックは白いため、他の歯と見分けがつかないほどです。
さらに、透明感が高いので天然の歯に近い質感を再現できます。

・セラミックや金属以上の強度がある

これまでのセラミックでは強度があまりなかったため、噛み合わせの際に最も力がかかる奥歯などの治療に使用すると欠けるリスクがありました。
ですが、ジルコニアセラミックはまたの名を白い金属と呼ばれているほど頑丈なので、奥歯に使っても強度が十分だと言われています。
さらに、今までのセラミックでは強度が不足していたので、ブリッジやインプラント治療の土台に使うと金属で補強する必要がありました。
ですが、ジルコニアセラミックは強度に優れているので単独で使うことができます。

・変色しづらい

口の中は歯にとって非常に過酷な環境です。
たとえば、熱いものや強い酸性の食品などを食べたり飲んだりすることで、常に歯や被せものなどがさらされています。
なので、これまでのセラミックだと経年劣化で変色してしまったり、つやが周囲の歯と違って見えたりしていましたが、ジルコニアセラミックだと安定した素材なのでこういった過酷な条件下であっても機能的に低下しません。

・幅広い治療に使える

また、ジルコニアセラミックはかなり強度が高いので、幅広い治療に使えるというメリットがあります。
たとえば、インレーと言われる詰めものやクラウンと言われる被せもののほか、インプラントやブリッジなどにも金属の補強をせずに使えることが多いです。
つまり、万能素材だと言ってもいいでしょう。
これまではインプラントやブリッジに使用する際には土台に強度がいるために中を金属して強度を補っていました。
ですが、それだと歯ぐきが黒く見えてしまうデメリットがありました。
ですが、ジルコニアセラミックを使用することでかなりの強度がかかったとしても折れたりせず、単独で治療ができるメリットがあります。

・仮留めだけで使用感の経過が見られる

今まで使われていたオールセラミックだと仮留めをすることができませんでした。
ですが、ジルコニアセラミックだと仮留めが可能なので、ある程度使用感を見てから最適な留め方ができるため満足いく治療を受けることが可能です。

・精度の高い治療ができる

ジルコニアセラミックをブリッジや被せものに使用する場合、3Dプリンタのようなパソコンを使って設計を行いジルコニアを機械を使って削りだすため、金属を溶かして作らないため変形の心配もなく精度の高い治療が行えます。

・金属アレルギーの心配がない

ジルコニアセラミックは単独で治療に使えるため、金属アレルギーがある方でも安心して治療が受けられます。
さらに、今金属アレルギーかどうか分からない方でも、将来金属アレルギーになる可能性がありますが、これだとそういった心配も皆無です。

・金属より軽い

広範囲なブリッジ治療を行う場合、金属量も多くなるため左右のバランスが変わってしまうほどの重さになることがありました。
ですが、ジルコニアセラミックだと金属の3分の1程度の重量でできるためバランスを崩さず治療ができるメリットがあります。

・保証がある場合が多い

ジルコニアセラミックで治療を受ける場合、ほとんどのクリニックではある一定期間内に起きたトラブルについては保証を付けていることが多いです。
ただ、保証期間や内容についてはクリニックによって違っているため、前もって確認しておいた方がいいでしょう。
やはり、保証が付いているともしもの場合に安心感があるのは間違いないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ジルコニアセラミックをおすすめする理由を具体的に挙げてみました
ジルコニアセラミックを使うことで、ほとんどの歯科治療で金属を使わずに治療ができるようになったのはうれしいですよね?
今後もし審美性の高い歯科治療を行いたい・・という時にはここでご紹介したことを思い出してみて下さいね!

PAGE TOP